弁護士による示談交渉によって借金が減らせる任意整理という方法

弁護士10

借金が増えてしまうと、返済の目途が立たなくなって途方に暮れてしまうことがあります。しかし、依頼した弁護士によって示談交渉が行われる任意整理という方法であれば、負担の少ない状態で返済をすることが可能になるのです。

債務整理には他にも個人再生や自己破産という方法がありますが、ここでは特に任意整理について分かりやすく紹介します。

示談交渉で借金を減らせる任意整理

借金の減額などをする手続きのことを債務整理と言いますが、その中でも示談交渉によって手続きを行う方法を任意整理と言います。この任意整理は、裁判所などが介入しない、弁護士を通じての交渉になるという点が大きな特徴だと言えるでしょう。

そのため、裁判所が介入する個人再生や自己破産といった他の債務整理の方法と比べると、比較的時間や手間をかけずに借金を減らすことが可能です。

ただし、話し合いによる対応がメインになるため、交渉によってどれだけ借金が減額されるのかが変わってくるので、当初の希望通りにはならない場合もあります。そして個人再生や自己破産と比べると、減らすことが出来る借金の額は少なくなってしまいます。

しかし、余計に利息を支払っていた場合に発生する過払い金があった場合は、大幅に借金を減らすことが出来る場合もあると言えるでしょう。

その他の債務整理の方法

任意整理のことをより理解するために他の債務整理の方法について説明すると、まず個人再生というのは、借金残高の1~2割を返済し、残りは免除されるという方法になります。

ですので、任意整理よりも多くの借金減額を期待することができますが、裁判所を通して行われるため手間がかかりますし、期間も長くなってしまうということが言えるでしょう。

そして自己破産というのは、裁判所の決定によって借金を全て無くすことが出来る方法になります。

そのため、根本的に借金を解消出来る方法だと言えますが、かなり長い期間を必要としますし、基本的に全ての資産を手放す必要があるという大きなリスクもあると言えるでしょう。

クレジットカードのリボ払いで増えた借金に有効

任意整理は他の債務整理の方法と比べると借金を減らせる額が少なくなってしまいますが、クレジットカードなどのリボ払いによって借金が増えてしまった場合にとても有効だと言えます。リボ払いというのは、毎月の支払額を一定にするという返済方法ですが、利息自体は毎月発生しているため、結果的に借金の残高が増えていることがあります。

そこで任意整理を行うと金利をカットすることが出来ますし、返済を楽にすることも可能となるでしょう。またリボ払いのケース以外の場合でも、交渉によっては金利を無くしたり返済額の負担を減らしたりできる可能性がありますし、金利契約が正当な場合でも、支払いを減額出来るケースがあります。

クレジットカードの借金で任意整理を行う際にやっておきたいこととしては、カードの利用を完全に止めておくということが挙げられます。そのため、公共料金や各種会員費などをクレジットカードで自動引き落としにしている場合は、事前に引き落としを止めておくようにしましょう。

そしてクレジットカードのショッピングローンを任意整理する場合は、買った商品が引き上げられる可能性があるため注意が必要です。特に自動車などの換価価値が高い品物は、引き上げの対象になる可能性も高くなると言えるでしょう。

ただし任意整理の対象からショッピングローンを外しておけば、引き上げを回避出来る場合もあります。

任意整理の期間や流れ

任意整理をする場合、いったいどれぐらいの期間がかかるのか気になるという人も多いでしょう。大まかな流れとしては、弁護士と面談し任意整理が委任されると、借入先に受任が通知され、利息の計算が行われて、交渉に入るという順序になります。

依頼者はまず弁護士事務所で相談をする必要がありますが、債務整理委任契約を締結した後は、全ての手続きを弁護士事務所側が行うことになるため、依頼者側は必要な書類を用意するだけで済むと言えるでしょう。そして手続きが開始されると、弁護士が介入したことを借入先に通知するための受任通知と呼ばれるものが発送されます。

この受任通知が発送されると、その時点で借金を返済する義務は一時的に停止されるため、手続き完了までは借金の心配はなくなります。それに借入先の金融業者は、依頼主に電話などの連絡を直接入れることも出来なくなるため、安心して任意整理の手続きを進めることが出来るでしょう。

借入先の金融業者が通知を受け取ると、取引履歴の開示がなされるため、それを元に金利の再計算がなされて示談交渉が行われます。取引履歴が送られてくるまでに数週間~1カ月程度かかりますが、さらに示談交渉には3~6カ月程度かかるのが一般的です。

ただし示談交渉の期間は、複数の借入先がある場合は3~6カ月程度よりも長くなる場合があります。それに借入先の金融業者側が、こちらが提示する条件をスムーズに受け入れるかどうかによっても期間は変わってきます。

そのため、任意整理にかかる期間には余裕を持っておくことが大切です。また、任意整理手続きを終えた後の借金返済の期間は、3年で36回払いというのが原則とされています。

弁護士事務所の選び方

任意整理は、話し合いによる解決を目指す方法なので、弁護士の交渉能力がとても重要になります。そのため、任意整理などの借金問題を専門に扱っている事務所を選ぶ必要があると言えるでしょう。弁護士事務所と一口に言っても、専門分野はさまざまなので、事前にホームページなどをチェックして調べておく必要があります。

そして任意整理を専門としている事務所の場合でも、しっかりとした実績があるかどうかということも重要になります。そのため、やはりこちらもホームページに掲載されている相談や解決事例などを見て判断する必要があるでしょう。

そして、まだ開設したばかりの弁護士事務所の場合は、借金問題についての実績がほとんど無いと考えられるため避けた方がよいと言えます。また、任意整理で弁護士事務所を選ぶ際は、目星を付けた一つの事務所にすぐ依頼するのではなく、複数の事務所と比較することも必要です。

弁護士に依頼をすると、当然ながら費用がかかってしまうため、あらかじめ複数の事務所に見積もりを出してもらうようにするとよいでしょう。そしてその上で、妥当と思える見積額を提示する弁護士事務所を選ぶとよいと言えます。

もちろん見積もりを出してもらったからといって、必ず依頼する必要があるわけではないため、その点は心配する必要はありません。