千葉県にも多い!借金相談で活躍する弁護士

借金1

銀行やクレジットカード会社、サラ金業者などの金融機関からの借金に苦しむ人は多いものです。ついつい身の丈を超えてしまうという人も少なくないのが現状であり、問題視されることも多くなっています。金融機関からの借入をすること自体は悪くありませんが、むやみやたらに借りてしまうことは考えものです。

弁護士に相談して解決する具体的な方法を見てみましょう。

借金することに抵抗感がなくなる?

千葉県内にも借金問題の相談に定評がある弁護士がたくさんいます。私自身も実は多額の借金を抱え込んでしまった経験があり、その解決策を求めて、弁護士にお世話になった経験があります。その時感じたのは、やはり、しっかりとした知識や経験を持つ弁護士に任せることが、解決に向けての近道だということです。

そもそも、私自身が借金を抱え込むことがなければ良かったということはいうまでもありません。銀行やクレジットカード会社、サラ金業者などの金融機関から借り過ぎてしまったことが、結果的に自分自身を追い込むことになってしまいました。

金融機関からお金を借りたのは、私の意思からであることは間違いありませんが、借金がしやすい風潮があることもまぎれもない事実といえるのではないでしょうか。ネット上には多くの銀行やクレジットカード会社、サラ金業者などが派手な宣伝活動を行い、利用者を誘惑し続けています。

むろん、そのような誘惑に負けてしまう私自身の意思の弱さがあることも現実ですが、いとも簡単に借りることができるような雰囲気を醸し出すこともやめて欲しいと思っています。国や自治体などが率先して規制に乗り出して欲しいものです。

離婚や家庭内別居の原因にも

千葉県に限った話ではありませんが、主婦やシニア、学生に生活保護受給者などにも簡単に融資をしてしまう金融機関が問題視されています。金融機関にとっては、多くの融資をすることが、利益につながることを考えれば、当然のことといえるのかもしれません。

一概にいうことはできませんが、主婦や学生などについては、返済能力が極めて低いことは容易に予測可能です。参照|借金返済

しかしながら、それでも積極的に貸し付ける金融機関が続出しています。気を付けなければならないのは、自己破産や任意整理、民事再生手続きなどに追い込まれるケースが増えていることです。この点については、国や自治体でも問題視しており、度々のように報じられています。

自らの返済能力を超えてしまって借り入れをしてしまうことが、このような問題の原因といえるでしょう。金融機関から融資を受けることは決して悪いことではありませんが、返済能力を超えてしまうような借り入れは避けるべきです。

返済が遅れることで、結果的に家族にばれてしまうということも多く、離婚や家庭内別居などの引き金になってしまうケースも少なくありません。

横行する闇金業者!抜本的解決を目指す

弁護士のもとに助けを求めてくる相談者の中には、いわゆる闇金業者からの督促や取り立て行為に悩んでいるという人も少なくありません。闇金業者とは、その名前の通りに、実態が闇に包まれている金融業者といえるでしょう。

千葉県内でも多くの被害者が出ているという現実があります。闇金業者の怖いところは、法律や規制などを無視して業務を行っている点です。金融庁などの所轄官庁にも届出をしていないことも大きな特徴であり、貸金業を営むことの認可を受けていません。

「なぜ闇金業者が横行するの?」と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。闇金業者がターゲットにしているのは、通常の銀行やクレジットカード会社、サラ金業者などの融資を受けることが難しい人です。多額の債務を抱えている人や過去に自己破産などの経験がある人をターゲットにして、過剰貸し付けを行っています。

一般的な金融機関の金利よりもはるかに高い金利で貸し付けを行います。40%や50%は当たり前であり、中には100%を超える法外な金利を得ている闇金業者も少なくありません。

この闇金対策については、金融庁や財務省なども喫緊の課題として受け止めており、対策に乗り出していますが、なかなか撲滅するのが難しい問題となっています。

一人で悩むことはない

闇金業者も含めて、借金問題に一人で悩むことは避けるべきといえるでしょう。やはり、借金問題の根本的解決を図るには、法律のエキスパートの力を借りることが手っ取り早い方法です。弁護士は、借金問題を得意としているケースも多く、頼りにすることができます。

返済が遅れることになれば、金融機関は容赦なく督促や取り立て行為をしてくるものです。自宅や勤務先、実家などに電話や通知、集金などがくることになります。このような事態を回避するためには、弁護士に相談することが得策といえます。

弁護士に正式に依頼することで、弁護士から各金融機関に受任通知が届き、督促行為がストップします。弁護士に依頼したからといって、安心しきってしまうことは良くありません。自らの当事者意識を忘れることなく、解決に至るまで意識を持つことが重要といえるのではないでしょうか。

具体的な借入金総額はもとより、毎月の返済額などから返済プランを作り上げることが弁護士の大切な役割です。あまりにも、借入金が多く返済能力が乏しい場合には、自己破産を解決策にすることもあります。他にも任意整理や民事再生手続きに活路を求めることもあります。

安易に借りることは控えるべき

千葉県内でも、千葉市や船橋市、市川市などの比較的発展度合いの高いエリアを中心に多くの金融機関が窓口を構えて営業を行っています。「お金はいくらあっても良い」という人が多く、銀行やクレジットカード会社、サラ金業者などに借入を求める人も増加の一途を見せているのが現実です。

注意しなければならないのは、安易に借り過ぎないことです。弁護士に相談して解決に至ったとしても、信用情報機関に登録されることはいうまでもありません。自己破産や任意整理、民事再生手続きなどをすることになれば、その後のライフステージに影響を及ぼすこともあり得るということを念頭におくべきです。

弁護士に相談する際にも、しっかりと調査してから依頼することをお勧めします。弁護士によっても、それぞれに得意分野を持っていることが多く、その道のスペシャリストに依頼した方が無難といえるでしょう。